2008年02月09日

移転しました

おひっこししました。

データの容量がいっぱいになって収納できなくなったのですよ。
ちょっと気分を変えて、新装開店です

東京発ディレクターのブログ ver.3.0
http://moopys2008.seesaa.net/



今後もよろしくお願いします…ペコリ
posted by Yo-Ichi at 21:23| 東京 🌁| Comment(39) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

芯のあるアイデア〜なぜかヒットするんですよ〜

さてさて
今週もやっとこさ終わりそうですが、
3連休のことなんて忘れてました…Yo-Ichiです。こんばんわ。
ちなみに来週もすでに予定みっちりです…


だから仕事に関わる話ばっかりで申し訳ないんですが、
それに「ハマってる状態」なのでつい…
ある意味、「企画オタク」なので
アイデアの出し方などを体系的に考えて、フレームワーク化するのがすきなのですが、
クリエイティブってすごい不思議だなーって思う瞬間がいくつかあったので。
アタマの中のアイデアをまとめるために徒然と…


よく広告とか見ていて、コピーライターとかアートディレクターの仕事って
「こんな一行のキャッチコピー書くだけで金もらえるなんて」とか
「こんな、ヘナチョコな絵ならアタシでも描ける」なんて思ったことありませんか?

例えば、TSUBAKI。


3-01a.jpg


「日本の女性は美しい」
この一行なんて簡単に生み出せそう…
でもこの一行を選ぶまでには、すごいアイデアの積み重ねがある。
広告の大量出稿の効果もあるけど、
この企画やコンセプトそのものが、
「みんなが考えていそうで、言葉にしていなかった」声を形にしたから
反響も大きかったんだと思います。


最近も仕事をしていて、
結構マジメにコンセプトは創っていたんですが、
いざ「そのコンセプトを表現する、モチーフやデザインをどうしようか?」という
アートディレクションの段階になると、
これまでロジカルにコツコツ考えてきたことを吹っ飛ばすかのような
「あ、なんとなくこういうノリよくね?」
ってアイデアが浮かんだ。

アイデア自体は、すごい簡単。
お客さんの事業プロセスを、わざと学研の教科書みたいに
かわいいイラストを使ったトーンで描いただけ。
でも、これが芯を捕らえていた。

クライアントからも、師匠からも、営業からも、
一発でOK。大好評。
オイラ自身は
「こんなテキトーなノリでいいのかなぁ」って
内心ちょびっとだけ不安に思っていたで意外でした。


きっとアイデアを創ることって、
コツコツ、ロジカルに追い詰めていって、
最後いざ形にするときどうするか?となったら
ぱっとひらめくものなんだなぁ〜って。

最初から真っ白な紙に
「素晴らしいビジュアルを…」なんて言われても
それを描ける人はほとんどいないと思う。

広告はコミュニケーションだし、
何か原因と理由と課題があって、それを解決する答えがあって。
それがはっきりすれば、一見シンプルなアイデアでも
人の心を動かせるんだなーって。


◇◆◇

野球の強打者は、ホームランを打つ時
パワーで打ち返すというより、バットの「スイートスポット」
に当てるそうです。
パワー勝負というより、物理的なバランス感覚。


イチロー選手はそこに長けていて、
バットで一番、良いところにボールを当てて打ち返すそうです。
だから、あの振り子打法になったらしい。


企画アイデアもそれに近い。
スイートスポット探しなのかなぁって。



あと
「人は貧しいという理由で、死んではいけない」
というフォスタープランの広告のキャッチコピーも
普通の一言だけど真理をついてるなぁ〜って思います。


「人助けしましょう!」とか「アフリカのコドモはかわいそうです」
とかって書けば楽です。確かに正論です。
でも、同時にそんな自分は助けるだけの余裕や資格もあるのか?と。
先進国の人が、発展途上国はかわいそうねーでやるボランティアって
なんか違うのではないか?

でも、目の前に死にかけている人がいたら助けるだろう?
その感覚で広告に向かってもらう。
そう考えたら、このコピーが出たそうです。


その辺、ペプシマンや愛地球博のロゴ、としまえんなどで
有名なアートディレクター大貫卓也さんの仕事を見たら、すっごいって思う。

まぁその辺が確信的にヒットを出せるようにならないと、
まだまだ一流とは言えないんでしょうけどねーウンウン


【オマケ】


すいません、また長くなりました。
こんなの読みたくないですかね〜
いやでもブログをメモ帳化してます(笑)

なんかおもろい話あったら、教えて…


【今日のBGM】

またないなー。



posted by Yo-Ichi at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

「自分」を消す〜仕事しかしてねー〜

なんだか知らないけど、お久しぶりなYo-Ichiです。

家でネットがつながってないのもあるけど、忙しくて
ブログ書いてるヒマがありませんですた。

色んな企画が長期戦で動いていて、
またまた企画、プレ、取材&撮影、制作の繰り返しの毎日です。
あとチームマネジメントにも追われています。

世間は、今週って3連休なんですね。
それに気がついたの昨日です…
予定なんて何も入れてません。
そして今なお、何も考えていません(それもどうかと…)
それくらい毎日あっという間に過ぎていきます。
イヤー早く年取っちゃうね。

最近、師匠にも指摘されたのですが、
オイラの仕事ぶりは
自分のテクニックやセンスで突破しきってしまう傾向が強いと。
確かに、テクニックやセンスを磨いて、それを活かすのも大事だけど、自分にはもっと仕事をしていく上で大事なものが抜けているなぁと思っています。

それは「個を消す」ということですね。
別に型にはまるということではなく、
「俺がこうしたい」というこだわりや思い、プライドを
自分のためにではなく、
仕事で目指すべきゴールや、お客さんのために設定しないと
いけないなと。

わかりやすい例で言うと、俳優さんが演技をするときは、
役になりきりますよね。
俳優自身の人間が出ていたら、俳優じゃない。
自分じゃないから、恥ずかしいシーンも平然と演技できる。
逆に言うと、自分を消し去って、自分の個性を出さないといけない。

ちょっと、くだらないプライドや自己顕示欲が強いのかなぁ〜
なんて今考えています。

自分の目指すべきゴールをどう設定するか?
そしてそれにどう向かうか?が自分ならではの
パフォーマンスの発揮であって、
仕事の中で自己表現することが、仕事ではないなと。


うん難しいね。
今日は早く帰れると思ったけど、
後輩の子の案件を見てあげているので、
また終電コース。ぐはっ。



【オマケ】

大量の映画評…

●恋するマドリ

今人気の新垣結衣主演。
なにげに菊池凛子とか、松田龍平とかも出てる…
そしてフランフランの共同企画。

映像とかもオシャレだし、悪くないけど
俺にはすごい平凡な気がした。
なんていうかリアルじゃないというか。
ガッキーに、きわどいシーンとかやらせることは
できない制限みたいのを感じた。

恋なんていっても、そんなキレイゴトばっかりじゃないけど、
キモチ自体は純粋だから、美しいんじゃないかなぁ〜って
思う俺には、行動までキレイゴトだと醒める…
いや、ごく普通の映画です。俺がシュールなだけ(笑)


●アンノウン

これは目が覚めたら、倉庫に5人の男。
ガス漏れの影響でみんな記憶喪失になっている。
どうやらこの中の5人のうち、2人は誘拐された人質。
3人は誘拐犯。
でも記憶がないから、誰か誰かわからない。
どうやら外に身代金を取りに行ったボス達が
1時間後に戻ってくるらしい!さあどうする?

そんななかなか場面設定が秀逸なアイデア映画。
お互い誰が敵か味方かわらかない駆け引きが、
一つのアジトで繰り広げられる様はなかなか
おもしろい。
ただもうちょっときわどく、スリリングにひっぱってほしかった。
スピード感にかけるのが残念。
ラストはわかりにくいけど、セクシーで良い。
俺はこういうラスト好きですね。
100点ではないけどアイデア賞と、がんばりに合格点。
(何様のつもりでしょうか俺…笑)


●5×2 ふたりの5つの分かれ路

フランスのフランソワ・オゾン監督の作品
オゾン監督は「スイミング・プール」や「8人の女たち」など
優雅でアダルトな映像などに、人間のどろどろした部分や毒を混ぜる
実にシニカルなフランスの監督っぽい作品という印象があります。

この映画は、ある夫婦が離婚するシーンからスタートする。
そしてそこから時間をさかのぼり、
離婚・浮気の告白・出産・結婚・出会いの5つの場面で、
夫婦が選んだ選択肢を淡々と描いていく。

永遠の愛はない。ある恋愛や結婚生活に直面する場面で
選択をしていく中で、結果的に訪れた離婚というゴール。
そんな選択の連続に二人はどういう選択をしたかを描いている。

だから5×2。
一見淡々としていますが、実に深い。
恋愛って、選択や道を選ぶ連続。
その結果、終わることもあるけど、その過程が恋愛なんだ、みたいな。
終わりもあるから美しいのかも。すごく見終わったあと考え込む映画です。
恋愛ってなんだろう?って考える人にお勧めしたい、
ちょっとオトナな映画。


●スイーニー・トッド

映画館で見ました!!!
ジョニーデップとティム・バートンの黄金コンビによる新作。
傑作ミュージカルです。確かに。
なんだろう…
バットマンとムーランルージュと、シザーハンズとシンシティを混ぜたような感じかなぁ。

とにかくめっちゃ残虐で、
でも笑いもあり、
でもラブストーリーもあり、
映像のトーンは暗いのに、
なんかノリは明るい。

血まみれになりながら、笑顔で歌う不思議な狂気。
まぁある意味、ジョニーデップの本領発揮というとこでしょうか?
ブラピがやると、ものすごいファイトクラブみたいになっちゃう。
シュールかつコミカルなのはジョニーデップだから。

パイレーツオブ・カリビアンのジョニーデップを見て、
ファンになったような女子達がたくさんいましたが
みんな映画終わったあと、「うわ」って顔してました(笑)。

まぁでも俺ティムバートンって監督あまり好きじゃないので、
世界観には入り込めなかったなぁ。
ヒロイン役の常連、ヘレム・ボナム・カーターも手堅かったけどね。

ただ、イタリア人の床屋役で出ていた、
サシャ・バロン・コーエンはアホすぎて最高でした。
早くボロックも見ようっと♪




映画見すぎですね〜。
なんていうか、映画は企画をたてるインスピレーションになりますね。


【今日のBGM】

最近、気に入った音楽に出会えてません。










































posted by Yo-Ichi at 21:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

日本マジやばいって〜自分でなんとかする人〜

さて、
サッカー日本代表戦のリアルタイム速報を横目に
仕事しているYo-Ichiです。こんばんわ。
もう2点入りましたね。これで岡田ジャパンどうなるか?
(まぁ今日のボスニアは若手主体だから大したことないのかも…)


それはともかく、今日は「日本」についてです。
すんごいデカい話になりましたが、
正月に実家に帰ってオヤジと話をしたり、
新聞を読んだり、色々調べれば調べるほど、
「日本って国、ヤバイ」って本気で思います。

何がヤバイかって、思いつくことはイッパイあるとは思います。
株価が下がってるとか、政治家がロクでもないとか、
そういうことよりも

みんなが
「当事者感覚がない」
ということじゃないでしょうか。


日本やばいよねーとか新聞とか見れば、気づく。
まぁ必ずしもメディアの言うことを鵜呑みにして、
騒ぐ必要はないけど、
国という単位で物事を考えたことってありますか?

なんかテレビのドキュメンタリーで、
日本の食糧輸入の確保のために、利益度外視で
南米の日系人農家をたずね、とうもろこしなどの輸入の契約に
駆けずり回っている、岐阜県の小さな貿易商社の社長がいました。
「日本の食糧を守るしかないんだよ」って。

すごい小さな戦いかもですが、その人はその人なりに
「日本がこのままだとやばい。なんとかしないと」
ってできることをやっている。

おいら達は、日々仕事をしていて、
自分の部署や同僚、まぁ良くても会社の利益貢献くらいは
考えていても、その先にある日本とかまで考えてるんだろうか?って。

「そんなこと言ってもどうせ変わらない」
まぁそんなすぐに変わらないですよ。
スケールのデカい話ですから。


でも、国単位で自分なりに考えてみるということは
広い視野を持つことであり、そういう視野で考えられる人って
すごい少ないと思う。
別に商社マンとか、政治家じゃなくてもできることってあるはず。

そんな矢先、良い記事を見つけました。

『円高・米国が株式市場下落の原因ではない』【森田レポート】


「指導者がいないこと」が問題。
うーん、考えさせられます。

小泉さんとかって、確かに問題もあったかもですが
自分のやるべきことを考えて、自分でケツ持ってたと思うんですよね。

当事者になるって、
他人から批判されることも増えるし、
何もしないより、面倒くさいことも多い。

俺だと
音楽やったり、イベント企画したり、色々な人のキャスティングを手伝ったり、何か創ったり…
会社の仕事以外にも色々やるとホント疲れるときなんて
しょちゅうあります。
やらなかったら、楽だなーって。
あとミスでもすれば、人から攻撃されることだってあるし。

でも何かを行う時に誰からも批判されないなんてのは、
正直難しいことです。それでも
批判を正面から受けて、自分で自分のケツもって何かをすること
って本気でやる人って少ない。

何もしない人って、所詮何もしない人なんですよ。
何か行動している当事者を見て批判することは簡単です。

そういう意味で、傍観者または、
批判されないよう守りにしか入らない当事者ばかり。

これが今のこの国を取り巻く、
やばい状況なんじゃないかなーって。

ホリエモンとかだって、確かにいけない部分は大きかったけど
とりあえず責任もって会社を創って、当事者になったわけだし。

東国原知事も、色々言われながらも知事になって、
テレビに出て、宮崎県というブランドを
自分なりに向上していく当事者になったわけだし。


歴史上って、すごい困難や批判にも関わらず「当事者」になることを
選んだ人がたくさんいます。

別にデカいことをしなくてもいいから、
「日本って国の中で何ができるか?」とか
あえて考えてみるのも大事なんじゃないかな〜って思います。

日々の仕事や生活の中で、当事者になる人こそ
きっと大事なんだろうって。


【オマケ】

いつになくマジメに書いちゃいました。
えんえんと書いてると、脱線していくんですよね(笑)。

まぁこのブログも、結局人に読まれる対象という意味では
「意見を言う当事者」になる行為だと思っています。
大してアクセス拡大も考えていないし、
好き勝手なブログです。

色々ご批判などもあるし、参考になるものは謙虚に
受け止めますが、少なくとも
「何かをする」という意味では、悪いことではないんじゃないかなと。


【今日のBGM】
忙しくて聴いてない…

posted by Yo-Ichi at 21:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

出し巻き卵〜いまさらジョゼ虎〜

さてと、今日は家に照明を買ってきて、
少しずつ快適な部屋に日々変化していくのを見て
悦に入っているYo-Ichiです。こんばんわ。

マジいいっす♪
だんだん音楽のある部屋って感じっす。

で、さっそくですが、週末も色々でした。

●金曜

仕事がなんだか忙しかった。
でも、会社の同僚に、前の会社の同期の子を紹介する会
(というかいわゆる「合コン」ってやつですよ:恥)
、があったので、大慌てで20時すぎに会社を出て銀座へ向かう。
まぁ自分は女性陣も全員同期で知ってるわけだから、
完全に「幹事さん」ですよね。


そのあと24時すぎに会社に戻り、仕事をこなす。
酒が中途半端に入った状態で仕事はマジ重い…


で、一緒に会社に戻ってきた同僚と
「なんか中途はんぱっすね」という話になり
午前2時半に会社を出る(さすがにオフィス街は静かでした…)

で、西麻布でユミがいるというので、合流。
3人で朝まで飲み…そのあとがすごい(笑)
なぜかカラオケに連れて行かれ、7時半まで(笑)

いやー自分まだ若いっすって思いました(笑)
仕事も、遊びもハードっす…R25世代って感じっす…



●土曜

ゆっくりしようか、と思ったけど
サーノンのライブを応援しに、渋谷VUENOSにチィと一緒に
顔を出しにいく。
イベント自体は何のイベントかわからなかったけど、
久しぶりに昔のクルーメンバーのITAさんにも会えてよかったぁ。

結構、いる人が若かった…
なんかITAさんとも話してたのですが、
最近のヒップホップやR&Bやってる子達って、
俺たちがやってたころより、
パフォーマンスやルックス、ファッションなど
はるかに洗練されていて、歌もうまいし、ダンスもうまい。
みんなセミプロに見える。
なんというかすごく器用。

でも、自分の生き様と結びつくようなエッジだったり、
不器用だったり、未完成でも荒削りなバイブスをぶつけるような
パフォーマンスには出会えなかったなぁ…

ヒップホップがもはや世界の共通言語になり、
「グローバルから、ローカル」へ取り込まれていくが、
自分たちのライフスタイルから発信するような
「ローカルから、グローバル」になる種でもあるか?とうと疑問。

ヒップホップだって元はNYのブロンクスの黒人が、
レコードにあわせて、ラップ的なことをしたのがはじまりで
そんな「ローカル」から「グローバル」になったわけですよ。

なんかクリエイティブって、
「グローバル・スタンダード」なものを
「ローカル」にあわせてコピーすることではないと思う。


「グローバル」なものに目をやりつつも、
「ローカル」にあった消化をして、また「グローバル」に
アップロードしていくようなことじゃないかなって思う。

Appleだって、ビートルズだって、YouTubeだって、
エイフェックス・トウィンだって、スピルバーグだって、
ニルバーナだって、ボサノヴァだって
みんな「ローカル」で生まれた種が、「グローバル」に
なったわけだし。
でないと、マジで創造性って失われていくと思う。

なんて、全員がそこまで壮大に考える必要もないのかもですが…

と熱く語ってしまいましたが、
そういう意味ですごく参考になった。
批判してるみたいですが、ダンサーのお姉さんとか
セクシーでそれはそれで、楽しんでました(オイ)


で、チィとご飯食べて、おとなしく帰宅。

家でDVDを2本見ました(後述)
「ジョゼと虎と魚たち」と「自殺サークル」の2本立て。


●日曜

昨晩見た「ジョゼ虎」の余韻を引きずったまま、
妻夫木聡と、池脇千鶴と監督のコメンタリーが
入ったDVD特典という形で、同じ映画をまた再び見てしまう。

映画の中の妻夫木が食べるシーンがすごいイイ!
あの人、すごいいい食べ方するよなぁ〜。
というかあの映画のご飯の撮り方がすごくいい。
マジ、シズル感あります。
で、無駄に朝から米を炊く。
納豆や、明太子とか色々出す…
日本人な朝ごはん。やっぱ俺日本人だなぁ。
出し巻き卵今度、作ろうっと。

そのまま
六本木〜表参道〜渋谷〜代官山〜恵比寿と
買い物してきました。

照明を買いました。ちょっと明るすぎますが、
すげぇかっこいいです。
ちょっとロックです(俺の中では)




【オマケ】

そう映画評
●「ジョゼと虎と魚たち」

なんかずっと無視してた(笑)。
でもチィに「まだ見てないなら絶対見ろ」みたいに言われて
見たら、すげぇよかった!!!!!(遅)
ホント、いまさらですいません。
この映画を通して流れる大学生・妻夫木の暮らしぶりとか、
ジョゼの世界とか、カメラに残った思い出の写真とか、
くるりの音楽とか、ホントこれが俺にはすごい
等身大なトーンに感じる。

まぁ惜しむらくは、上野樹里が俺にはどうも入り込めなかった。
タイプじゃないからかも。
この映画出てくる女優に好みのタイプの人、一人もいない(笑)。


●自殺サークル

結構、有名な監督 園子温の作品。
新宿駅のプラットフォームから女子高生54人(!)が
飛び降り自殺して、はじまった謎の全国的な自殺ブーム。

映像的にも、精神的にも「グロい」映画です。
新宿駅とか身近なとこだから、余計気持ち悪さがある。

決して、幽霊とか生霊とか、殺人鬼が出てくるような
ホラー映画ではない。飛び降りる女性高生たちも
「いっせーのせ」っと楽しそうに飛び降りる
それでも怖い。

ただ、園監督いわく
「おそらく怖いと感じると思います。
でもその恐怖ってなぜなのか?どこから来るのか?を
感じてほしいと思います」

そう、イナゴの大群のように押し寄せる
不思議な人間の行動の連鎖。
幽霊や呪いより、普通の人が普通に持っている常識や感覚や、
こういった現代社会のゆがんだカオスみたいな
もののほうが遥かに恐怖なのかもなぁって思いました。
結構、見終わった後、救われない感じがする映画です。


【今日のBGM】

Dreamin / Young Jeezy feat. Keysha Cole


いい曲です。
一時期、ヤング・ズィージィーはよく聴いてた。
この人、トラックに恵まれてるよなぁ〜。





posted by Yo-Ichi at 21:07| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

キーエンス〜真のソリューション仕事術〜

なんて、日経ビジネスみたいなタイトルですがYo-Ichiです。
こんばんわ。

最近、チーム戦略を創るなんてのも大事で、
情報収集もシゴトだな〜なんて思って
色々調べてておもしろい記事にぶちあたったので。

キーエンスの力の源泉は“ビジネスモデル”

キーエンスはなぜ飛び抜けた高収益企業なのか?

キーエンスという会社についてなんですが、
皆様キーエンスなんて会社知ってます?

工場などで使われる機械の工業用センサーの会社なんですが、
超高収益企業なんですよね。

前にちょっとワケあってこの会社について調べたことが
あったんです。

最初、キーエンスって超すごい研究所とかあって、
すごいハイテクな技術を作ってたのか?と思ったら実は
そうではなかった(もちろん製品のクオリティは高いですが)

むしろ社内のセールスエンジニアこと営業部隊が、
徹底的に現場である工場に足を運び、課題を見つけてくるのです。
そんな超ソリューション部隊が、この会社の新しい独自の商売の
タネを見つけてくるのです。



最近、よくソリューションなんて言葉を安易に使う会社や人って
多いと思いますが、お客さんの「こういうのないかな」を
聞くだけの「御用聞き」と「ソリューション」は違います。


記事の言葉を借りると
「顧客サイドですでに顕在化しているニーズに対応していては競合との差別化は難しい」
ということ。

つまり
顧客が
「●●●で困っているんだよー」と何か困りごとがあったとする。
この困りごとである●●●を顧客が言い出す時点で、
すでに問題が表に出ている。これはアホでもわかる課題。
これに対応してては、だいたいみんな同じことになる。
運良くうまく良い提案しても、すぐに競合が追いついてくる。
消耗戦です。

ではなく、
「顧客もまだ気がつかない課題を見つける」ことが大事。
でもよくそうは言うけど、実際は難しい。
オイラもそう思う。顧客どころか自分も気がつかない…

そこで良いヒントがありました。

●徹底的に現場に足を運ぶ。
全ての問題は現場にあり。見て、聞いて、触って…



●そこから現場の不都合・不具合・不便など「不」のつくものを
徹底的に聞き出す。抽出する。

ここです。
よく「不便だねー」とか言うけど、
その不便を当たり前だと思っていることって多くないですか?


例えば、左利きの人が電車の自動改札はなんで右利き用だけ?とか、
昔だとトイレに紙が無いとき…など
そういった不便を当たり前にしないで「不」の意識で気がついたところに
新しいニーズがあるのだそうです。

これってキーエンスの営業マンに限らずみんなの普段の仕事でもいえるはず。

上司や同僚から期待されたり、頼まれたことをやるだけなら
まぁ普通の人で充分できる。逆に言えば他の人でもできる。

でも、みんなが当たり前にしていることを「不」として捉え、
「これって解決できない?」と提案すれば、「お、使える奴だ」って話にもなります。
別にすごいことじゃなくて良いんです。

オイラの些細な例を…

毎週の定例会議で、毎週色々な資料を全員に配っているんですね。
でも直接業務に関係ない資料も多くて、
みんな会議終わってから、ほとんどシュレッダーにかけてたんです。
オイラも「書類の整理めんどうだなぁ」って思ってました。
そこに「不便」があったんです。

まずみんなに配る資料を2〜3分で取り分ける。
それをコピーしてもらうよう庶務さんに頼む。
コピーした書類は絶対大事だから、みんなとっておく。
関係ないのは口頭で伝えるのみ。

オイラのソリューションはたったそれだけ。
その結果、解決できたことが3つあります

●膨大な書類にまぎれて、みんなが大事な書類を間違って捨てなくなった
●庶務スタッフのコピー時間とコピー代・紙代の節約
●必要なものとそうでないものが明確化したので、会議にメリハリがついた

別にオイラはたいしたことしてないんです。
毎日の仕事に2〜3分「書類の取り分け」をしただけです。
というわけで
言われたことをやるだけじゃなくて、日々の「不」を探してみるのも
良いのかもしれません。スペシャルな社員になれるかもしれません。



【オマケ】

俳優ヒースレジャー急死!
いやビビりました。ブロークバックマウンテンとかヒースの出てる映画は
割と見ていたので。良い俳優だなーって思ってたし。
睡眠薬のオーバードーズとのこと。

その前に、ブラッド・レンフローも死んだし…なんか
びつくりですね。


【今日のBGM】

To Be Loved / Papa Roach


別にめっちゃ好きってわけじゃないけど、ついつい聴いてしまうバンド。
パパローチ。リンプビズキット全盛期にはラップメタルなことしてたのに、
気がついたらめっちゃハードロック。
この時代への適応力はすごい。マネやフォローワーだけでここまで生き残れるのがすごい。
No Doubtとかもそうだけど、
コアなスキルを持ちながら、適応すべく変化することが重要なのかも。






posted by Yo-Ichi at 22:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

ブルーマン〜食いすぎ〜

さてと、最近帰りが遅いっす。
でも我が家にソファが届いて、じわじわと
心落ち着く空間作りに近づいているYo-Ichiですこんばんわ。

さっそくですが、
土日は色々動き回ってました。


●土曜:

朝から冷蔵庫やら、ソファが届いて
家の中がひっちゃかめっちゃかでした。

ずっと家の中整理したらあっという間に夕方…

土曜は、会社の同僚達10人近くで
BLUEMAN GROUPを見に行きました!

ex_blueman_1_400.jpg

いや、すごい良かった

映像、パフォーマンス、音楽様々な要素の組み合わせが、
非常に参考になりました。
新しい刺激というかインスピレーションをもらいました〜。

基本的にセリフとかはなく、非言語のパフォーマンスが
メインなので、世界中全ての人が見ても楽しめます。

広告にも通じますよね。
伝えたいメッセージを、ちゃんと伝わる方法で伝える。
それができていることが素晴らしい。
ちゃんと伝えたいメッセージがないと、中身が弱くなりがち。
でも伝えたいメッセージだけ伝えても、伝わらない。
その点で非常に優れていたとおもいます。

終わってからは、グランドハイアットホテルの側にある
とある有名な中華料理店へ。
安くて、騒がしくて、狭くて、中国人の店員が駆けずり回る
店内は、なんだかアジア旅行してるみたい。

ってか北京ダックを食いすぎた…
食べすぎ、飲みすぎでした。

●日曜

まりおの誕生日会で恵比寿のKUNBIRAへ。

それも遅刻して、でも知ってる友達が集まってるとおもって
「いやーどうも〜♪」みたいなノリできたら
いきなり知らない女の子がたくさんいてあせる…(汗)

で前日中華を超食ったにも関わらず、今度は
ネパール料理で、チキンやらカレーやら、すごい食べる。
マジでこの土日でのビールとゴハンの消費量はハンパない…

でもなんかお店の雰囲気も良かったし、
まりおの友達の子達もいい子達で楽しかった。

で、終わってから、ミノルと買い物をして帰宅。

疲れたので家でゆっくりしてました。
久しぶりに懐かしい音楽をゆっくり聴きました。

例えば
"Jagged Little Pill" Alanis Morissette
"Alice In Chains" Alice In Chains
とかグランジ系。

あんまりまったりしながら聴く音楽じゃないですが…
まぁ結局、グランジ・オルタナロックに育てられたなぁ感が
あるのでやっぱり一番しっくりくる。

で、コットンマウスキングスの
Weed吸いすぎなDVDを見て、なぜかリラックス(笑)。

やっぱカリフォルニアの自由な空気で10代を過ごしたかったなぁ…
何がいいかって、
パンクスやらヒップホップやら悪ガキが楽しそうなのが
うらやましい。

なにげに、あのスケーターカルチャーとか結構好き。
サングラスのブラックフライみたいなデザインとか好きだし。

最近、休日が楽しすぎる、久しぶりに休日のほうが
仕事より楽しい…

もっと仕事を楽しくしないと…


【オマケ】
映画評〜
●カリートへの道

またまたデパルマ監督&アルパチーノの映画。
ニューヨークを舞台に出所してきた伝説の麻薬王が
足を洗って、カタギに生きる夢を持つが…という話。

ギャングの成り上がり一直線なスカーフェイスより
ずっと奥深い映画。
結局、一度血塗られた道に足を踏み入れたものは
抜け出せないというか…
ショーンペンがかつてない演技を見せてくれます。


【今日のBGM】

Kings Blend / Kottonmouth Kings


カリフォルニアのスケーターカルチャーを体現するような
ミクスチャー・バンド。
一度メジャーに出てきたけど、すぐにやめて
自主レーベルでリリースし続けている。
なんかずっと前から好きなんだよねぇ〜。


こんなPV見てたら、やる気なくなるって(笑)










posted by Yo-Ichi at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

お金哲学〜大事なのに、大事にしてない〜

さてと〜。
新オフィス。
窓がすごいまぎらわしくて、

窓が二枚構造になっていて、
その二枚構造の窓と窓の間にブラインドがある。
で、まだ窓ガラス自体も超キレイだから、
多くの人が手前の窓が無いとおもってしまう。
で、景色を見ようとして頭を激突する…という小事件が
乱発している今日この頃なYo-Ichiです。
こんばんわ。

先入観って恐いですね。
もちろん俺もガラスに頭ゴチンやりました…


さて今日はお金の話です。

「金持ち父さん」やらお金に関する本ってすごい多いし、
投資信託を銀行などがすすめたり…

人の言うことに耳を傾けるのも良いが
その前にお金に対する認識や考えってちゃんと持ってるのかね?
というか、広告やマスコミが煽るままに流されて良いのかね?
なんておもってしまう。

別にみんなが投資なんてやる必要もないし、
収入を増やさないと本当に幸せになれないのかねとか。

オイラみらいな金銭感覚の奴に言われたくねーって
ツッコミが入りそうなので…(汗汗)
基本、オイラが見つけた気になる記事から書いていきます
(尻すぼみに弱気)

下記は、
お金に対する考え方の認識についてです

money.jpg



(引用;お金とのつき合い方を見直す第一歩──『ベンジャミン・フランクリン 富を築く100万ドルのアイデア』

うーん。

他にも気になったのが

保田隆明の時事日想:
「貯蓄から投資へ」スローガンの大罪


そうそう、俺も投資信託ってそんな安易に買っていいのか?
っておもってました。
みんなが集まるところに利益なんて出ないだろー
集まったら、利益は分配されて薄まるじゃないかーって
普通に考えればわかる気も…

まぁ貯金代わりなら良いのかもしれんとは思うのですが。

まぁダラダラ書きましたが要は
オイラはお金のプロじゃないし、むしろ
ダメダメなほうなのですが…(それもいけないんだけど)
今、お金とどう付き合うかは結構決めています。

●お金は色々な人の手を渡り動き回るもの

●お金は失われたら後に何も残らない

●お金は使うもので、頼ってはいけない

●自分は「稼ぐ」ことに強いモチベーションを持つ強い人間じゃない

●無駄な物に使うのではなく、常に費用対効果を考える

などなど。

で、おもったのですが
「お金を増やすために、お金に投資する」のではなく
「お金を稼げるよう、自分に投資」したらどうだろう?って
おもいます。

お金をかけて学んだり、経験したことは
記憶喪失にでもならない限り失われないし、
20代の若いうちは、
「将来お金を稼げるような能力を持つ自分」づくりの投資に
お金をかけるほうがずっと安全だとおもうんですよね。

低金利だし、
お金の価値が変動しまくる、不安定な時代だからこそ。


うーん甘いのかもしれません。
将来に備えてお金をためたりする行為を否定しているわけではありません。
あれはあれで重要です。
ただ、必死にお金を貯めて、将来への安心を買おうとして
最後詐欺とかにあって、失ったらせつないなーっておもうと
自分の能力を高め、どんな時代でも生き残っていけるように
することが一番のリスクヘッジじゃないかなぁっておもうのですが
どうなんでしょ?

お金は大事です。
金融機関だって立派な事業で悪いことをしてるわけじゃない。

ただ流される情報を鵜呑みにして、
自分の価値観も考えず、流されないでほしいなってことですわ。
自分の頭でちゃんと考えない人って多いなって
おもうんですよね。


【オマケ】
映画評

●アルフィー

ジュードロウ主演で有名だった映画のオリジナル版。
1966年公開で、主演は今では名優といわれるマイケルケイン。
若い頃のマイケルケインはジュードにそっくり!
現代版アルフィーと趣旨は一緒だけど、もっと女の人に
強い男性像を見ると、男性像というのも変化したのかなぁって。
でもオシャレ感は不変。


●GO

今頃?って感じもある窪塚くん主演映画ですが…
あえて今見ました。なんとなく。
やっぱりいいですね。自分の属する人種や国籍、学校、会社に
アイデンティティを求めるのは日本人ならではなんでしょうか。
それにしてもこの頃の窪塚は輝いてますね。
演技力が今の俳優と比べてもレベルが違う。


【今日のBGM】
Get Naked / Method Of Mayhem



マジ、ロックな気分です最近。
「は、ナメてんの?オラオラ」みたいなノリがいい。






posted by Yo-Ichi at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

超高層オフィス〜ミーハーミーハー〜

表題の通り、昨日より
東京駅直結の超高層オフィスに引っ越しました。
マジ、インテリジェントなビルに慣れませんYo-Ichiです。
こんばんわ。

前はといえば、ハイジャンプしたら手が届いて、
ぶち抜けそうな低い天井の小汚いオフィスだったので
同僚も「あの引きこもりオフィスに慣れてたから
妙に落ち着かない」とそわそわ。

ビルの中に、
スカイレストランみたいな社員食堂がある!そわそわ
上っていく時に外が見えるエレベーター! そわそわ
暗くなってくると東京丸の内の夜景が見える! そわそわ。

まだしばらくは慣れません…
ただ他社も入っている関係もあり、
非常に移動が難しい。

ビルの2Fにでかいエスカレーターで上がり、
2Fの受付からエレベーターで23Fへ。
23Fがウチの会社の総合受付なんです。
そこからまたエレベーターを乗り換えて、36Fへ…

なんか慣れないっす…
朝のエレベーターラッシュとかマジすごい…
(それもみんな同じ会社…)


とりあえず、銀座に比べると
お昼ごはんが定食とか食べられるのは嬉しいです。
(結局そこかよ…)

◇◆◇

3連休は、高円寺イトチェンコ氏の家に久しぶりに行きました。
いや〜高円寺とかっていいですね。
若いロックな感じが。

で、イトチェンコ氏と
原宿〜渋谷〜代官山〜中目黒などなどで、
インテリアめぐりしまくりました。

今は服より家具です…
ソファを買いました。
今週末は照明を買おうとおもっています。
我が家を快適にするど〜。


で、原宿とか久しぶりに買い物などでうろうろしたので、
裏原宿も見てきました。
裏通りの小さな店とか懐かしかった。

裏原といっても、
表通り(?)はメジャーなブランドも入っていたりと
あまりストリートな雰囲気は失われつつあるのですが、
まだ残っている「ストリート」な雰囲気は懐かしかった。

こういう雰囲気のある場所に育てられた感もあるので。


風とロックのオフィスとか発見したし!いいなー
ああいうところで働くのって。

マジ、週末あまり嬉しくないこともあったんだけど、
元気です♪

とりあえず色々大変ですが、
がんばりまっする〜。


【オマケ】
ブログのネタがたまっている…


【今日のBGM】
特にナシ…
posted by Yo-Ichi at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

ブルームバーグ〜社会貢献こそ金持ちの道?〜

さてと、
マンションの隣に住んでいるOLさんが、
チワワを買っているんですね(ウチのマンションはペットOK)。
それも3匹も。

で、いつも俺が帰ってくると
足跡で誰か来た!と思うのか、隣の家のドアの奥から
キャンキャン吼えるので、帰宅時いつも軽くイラっとするYo-Ichiです。
こんばんわ。

いや別にそんな苦にしてないケド…


さて、
仕事の中で、情報収集というのも
非常に重要な仕事だと思っています。
で、色々なブログをRSSに入れて読んでいるのですが、
へぇ〜って思ったのがあったので。


ブルームバーグって知ってますか?
金融関係のお仕事されている方ですと、
金融情報の配信をやっている会社で有名ですが
その創業者であるマイク・ブルームバーグは
ニューヨークの市長さんなんですねー。


で、今彼が取り組んでいるのが
「貧困層の人々が"良い行動"をした場合にお金を与える」プログラム
だそうです。

例えは、子どもがちゃんと授業に出席していれば25ドル、図書館を利用するためのライブラリー・カードを作ったら50ドル、病院のアポイントメントを守ったら100ドル、というように、"良い行動"に対してお金(=インセンティブ)を与えるというのです

と書いてありました。

すごいのがこれをニューヨークの税金ではなく、
ファンドをつのり、そこから出すそうです。
もちろん市長も私財を投じるそうです。

「なんだよ、どうせ政治家のアピールだろ」とか
「ブルームバーグの創業者だから金余ってるだろ」とか
思うと思います。
俺も思ってました。

でも、
この記事(ニューヨークの遊び方”ブルンバーグNY市長の提案する新しい社会福祉のあり方(続報)”)で読んで思ったのですが、
やはり欧米のお金持ちって、
「社会貢献に対する意識が高い」と思ったんです。

彼らはお金が増えたから、社会に還元したのではなく、
まだ貧しい頃からやっていたんですね〜。

<ブログからの引用>
もともとそんなに裕福ではないご家庭の出身で、経理の仕事をしていたお父さんの収入は一番儲かった年でも年収1万1千ドル程度。4人家族の食卓に出る食事は、缶詰の豆を茹でただけとか、そんな状態(むしろ貧しい?)。そんな中でも、お父さんは地域コミュニティのための慈善活動や寄付などを行っていました。

寄付金の送り先がアフリカ系アメリカ人団体だったことも・・・。子どもだったブルンバーグさんが「僕たちはアフリカ系アメリカ人じゃないのに(≒というよりうちも豊かじゃないけど)、どうしてこの団体に寄付するの?」と聞くと、「今一番助けが必要だという人を手助けしたいだけさ。そこに人種の違いなんてないんだよ・・・。」と笑顔のお父さん。



ビルゲイツも、財団を作って夫婦でそういう活動してたり、
有名な投資家ウォーレン・バフェットもそうだったし。

いや、ブルームバーグって、
絶対金の亡者で嫌な奴だろーってイメージだったけど、
もうちょっと高尚な人だったのかね。チョビット見直しました。

お金が無いから、社会貢献はできない…は言い訳にもならない。
もっとお金に困っている人はいっぱいいるし。

一見、偽善?とかに見えるかもだけど、
慈善活動をする、ということではなく、

「社会の色々な人に目を向け、その人達の立場になって考えられる」
という視点や考え方を持っていたからこそ、
成功できたのかもしれませんね。


社会貢献って、善意だけでなく
能力なのかもしれない。

うん。



【オマケ】

明日はオフィス大移転の大引越しです。
いよいよ東京の高層ビルへ…
某外資系自動車メーカーで働く先輩のまやさん(酒豪?)と
同じオフィスビルなので、「飲みの誘い」が恐いです…


【今日のBGM】
In the Morning / Razorlight


レイザーライトもスルーしてたバンドの一つ。
UKのバンドなんだけど、イギリス人とスウェーデン人の
混合バンドらしい。

なんかUKのバンドって俺には、当たり外れが
大きくて、新人出てきてもすごい疑いから入っちゃうのですよ。
このバンドは他の曲もたくさん聴いたけど、どれもかっこいい。
UKのかっこよさを持ちつつも、アメリカのオルタナを
通過した感じがすき。
ジャケットなんかも結構シンプルでかっこいいのね〜。

違う曲だけど、"America"って曲はすごいいいです。
あとこのイントロのドラムは何かサンプリングで使えないかな…
posted by Yo-Ichi at 20:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。